あと先考えず年収を33倍にした男の話

とにかく〇〇したい!をちゃっかりリアルにする

途方もない新年の抱負を立てよう

新しい年が始まりました。
(すでに2週間過ぎていますが笑)
今年もどうぞよろしくお願いします。

新年といえば「今年の抱負」
これを読むみなさんは今年の抱負を立てましたか。

巷では
「2025年に世界がガラッと変わる」
と言われているそうです。

これを聞いて
「どんな世界になるの?」
と、予測をしたい人と
「それじゃ何をどうしよう」
と言う人に分かれるかもしれません。

ちょっとだけ辛口になると
「どんな世界になるの?」
と言う人はオールのない船に乗っている人で

「それじゃ何をどうしよう」
と言う人はオールや舵
場合によってはエンジンのついている船に乗っています。

「2025年に世界がガラッと変わる」
のなら、現状を思う方へ変えやすいかもしれないのに
オールのない船はもったいないなぁ。

と思います。

今回は前半少しだけ
脅しのような内容に聞こえるかもしれませんが
その先は世界を思い通りにする
コツをお伝えするので
最後までお付き合いくださいね。

普通にしていたら収入は下がる(かもしれない)

AIの発達によってなくなる職業や仕事の話を聞いたことはありますか。

とは言っても新しい仕事もできるだろうから
大丈夫じゃない?

と、私も思っていたのですが
現実はそうじゃないみたいです。

AI革命以前の産業革命では、
例えば手織工が機織り機の発明によって職を失っても
新しい職について同じくらいの収入かより高い収入を得られていました。

ところが、今のAI革命では収入が下がります。
例えば、旅行代理店やコールセンターの仕事がAIやITによってなくなって
転職するのは清掃業や介護職だそうです。

つまり、ホワイトカラーからブルーカラーへの転職です。

ここまでだと
「これからどうなりますか」
の答えで、ここで疑問や意図が終わると
そう言う流れに入りやすいです。

「それじゃ何をどうしよう」

まず、先ほどまでの話を聞いて

げげ!収入減るのイヤ!困る!

と思ったらそのまま今年の抱負にすれば良い。

・AIが発達しても収入が減らないようにしたい

・AIが発達したらそれを活用してもっと楽に儲けて遊んで暮らしたい。

え?
え?
え???

と、二つ目をみて思いましたね?
そんな都合のいいことあるわけないし。

そうか、
でもあったら嬉しいですよね?

いきなり年収が33倍以上になった男の話

あるところに自営業の男がいました。
仮にKさんとします。

彼は地元でそれなりの売り上げを上げて暮らしていました。

ところがある時思い立って
田舎町から東京へ上京して高級マンションを借りました。
そしてそこで商売を始めます。

そこからあれよあれよという間に
売り上げを伸ばして田舎町にいた頃の売り上げの33倍を叩き出しました。

これを見ていた人がKさんに聞きました。

あるひと「田舎でもうまくいっていたのになぜ東京に出てきたの?」

Kさん「慰謝料を払わなくちゃいけなかったから」


聞けばKさん、自分の不倫で(汗)離婚して慰謝料を請求されたそうです。
その額500万円。プラス養育費は月に100万円。
(明らかにふっかけられている額)

それなりに売上はあったけれど
貯金のなかったKさん。

ところが、慰謝料の額を聞いて
Kさんはこう思ったそうです。

「ぜひ払いたい!」

ちなみにこれをちゃんと払うと当時のKさんは完全に赤字。
毎月も生活も成り立ちません。

ところがKさんの意思は固かった。

「慰謝料500万円払える男になる!」

ここからミラクルが起こります。
なんとなく始めたYouTubeがバズって
商品が勝手にどんどん売れる。

気がつけば田舎町にいた頃の売り上げの約33倍に成長。

もしKさんが
「慰謝料払ってたら生活できない」
などと言っていたら起こらなかったことです。

「慰謝料500万円払える男になる!」

この意図から現実が動き出して願いを叶えました。

いやいや、この人がそもそもすごい人だからでしょ?
と思って意図を放たないと
普通に収入は減ります。(笑)

・AIが発達したらそれを活用してもっと楽に儲けて遊んで暮らしたい。

と決めたら
何かが始まります。

普通はつまらないです。
という話でした。

(不倫して離婚しましょうという話ではありません)

このように普通じゃないけど
誰でもできる楽チンハッピーのエッセンスを
毎日お届けしています。

メルマガで楽チンハッピーな毎日を♪

無料メルマガでは
毎日が
楽チンハッピーになるメッセージをお届しています(^^)

ぜひご登録くださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

やっぱりキラキラが好き