チャネリングのやり方(2)

チャネリングがやりやすくなる方法再び!

前回チャネリングのやり方は

「お話しましょ!って思う」

と書きまして、それじゃどうなの?と思ったので

チャネリングがやりやすくなる3つのことを書きました。

前回のブログ↓

確かにあの3つ基本中の基本なのですが、特に3番の

3. いろんな考え方があると認める

は、サラッと書きすぎました(ごめーん)

1番の瞑想はやればいいし、
2番の腸内環境を整えるのも日々ケアすればいいだけ

3番はいろんな要素が含まれすぎていて、あのまま放置もどうかね?と思い、

思いついたら時々こうして書いていきます。いろんな考えを認めるための前提から今回は始めます。

感じろ!感じるんだ!

いろんな考えがあるのを認める前に、自分が何を感じているかを感じる、知ってるのがとっても大事。

「認める」って「あぁ、あるね」って淡々と認知する。ってだけなのです。

が、「あぁ、あるね」って思えないことも人間ならあると思うのです。

たとえば、

「歩きタバコをする人」

自分の顔に煙が来てチョー煙いんですけど!(怒)

ってなった時に

「あぁ、タバコを歩きながら吸う人がいて、顔に煙が来たなぁ。ゲホ」と(怒)マークまで含めて、目の前で起きてること、自分に起きてることまで含めて

「認める」

が必要です(ここではあえて「必要」と言いますね)。

ところがここで、自分が「嫌だなぁ」と思っているとか「ゲホ」に秘められた感情に気がつかないとこの不快な気持ちへの「認める」が不完全燃焼でこんなことが起こるかも。

「あのじーさん、このご時世に歩きタバコかよ!ありえねー!!!」

「自分に失礼なことをする」とあなたが認識した歩きタバコのじーさんがあなたの脳内を占拠して「認める」じゃなくて「非難して、コテンパにやっつける(正義を振りかざす)」が起こります。

あなたの脳がチャネリングで得たメッセージを弾き飛ばす

「認める」って「目の前と自分に起きたことがただあるな」と判断なしに見ること。

特に自分に起きたこと=感情は気がついて「あるね」って言ってあげると「非難」「(善悪の)判断」は起こりづらいです。

なぜこれがチャネリングでとても大切かというと、

チャネリング&リーディングで出てくるメッセージって

「ありえない!」情報が結構あるから。

「ありえない!」って言う判断が下された途端にそのメッセージが脳に弾き飛ばされて
「何もメッセージ来ません・・・」と言うことも起こります。

これをもっと別の言葉で言い換えると

「潜在意識レベルからまっさらに物事を捉えられるようにする」

ってこと。

潜在意識レベルから???

まぁ、ホラ努力目標です。

そのために、何をすればいい?

  • 自分に「今何感じてる?」と聞いて感じる時間を持つ
  • 自分の欲求に素直になる
  • 自分を大切にする

また、3番にさらっと流せないが出てきたー(笑)

今回はここまでにしまーす。

また読みに来てね。

続きを書きます♪

はなのかおり🌸

メルマガで楽チンハッピーな毎日を♪

無料メルマガでは
毎日が
楽チンハッピーになるメッセージをお届しています(^^)

ぜひご登録くださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です